FC2ブログ

ぽこあぽこ♪

フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。

お試し~。 

 

スコアメーカーで作った合唱団の各パート音源。
音源の配布には、パソコンを使う方にはUSBやSDカードで、パソコンを使わない方にはCDで配布し各自録音してもらっているのですが、新曲の用意が1曲しかないときどうするかが問題でした。1曲分だけをCDーRに入れるのはもったいない・・・・。(苦笑)
この間からは、機種の買い換えで使わなくなったICレコーダーに音源を入れて音を取り込んでもらっていました。

で、思いついたのは、書き換え型のCDーRW
1曲、4パート分を書き込んで配布、終わったら消去し、次の楽曲を新たに書き込む。
説明には理論上は1000回可能とありました。そこまで出来なくてもいいんで・・・・。

店の人は、不安定でエラーが出やすく読み取りもうまく出来ないことがあるので薦められないって・・・・
でも、ネットの情報では音楽用のCD-RWが結構役立っているとの声もみられて・・・・

どうしたもんか。。。。

とりあえず試してみることにし、取り寄せました。
この間できあがったばかりの「少年時代」の4パートを、書き込みし、消去し、再度書き込み。。。。。してみました。
結果、プレーヤーでちゃんと聴ける。
問題なく出来たんだけどな~。
うまくいってほしい~

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

フルートアンサンブル初練習 

 

初見の楽譜が1つ
12月にざっと合わせた楽譜が2つ。

そのうちの1曲、「生命の奇蹟」は村松崇継さんの曲。
youtubeでもいろんな編成で結構出ています。

うちの編成はフルート3・アルトフルート、先生の編曲です。

私が吹くアルトフルート、旋律を吹くところはないのですが、和音の一部になったり、伴奏の低音部を受け持ったり・・
面白いです。
音量、フレーズの歌い方や作り方、いろいろ手直ししてもらってなかなか良い曲に仕上がってきました。
指揮の先生に言われて、ソレがちゃんとできるところが私たちのアンサンブルの良さ・・・・って自画自賛したくなります。

正味2時間、充実した練習でした。



category: フルート

tb: --   cm: 0

△top

グレーヘヤー 

 

木曜日のプールの時、
「髪、染めたことないん?」と、聞かれた。

「若いころ、染めてたけどやめたん。ヘヤーマニキュアってプールに入っているともたへんやろ?。しょっちゅう染めるの面倒だったし・・・」
実際、塩素のせいもあって保ちが悪かったのだ。
(もっと、本音を言えば、もったいない・・・とか。)

最初、前髪の両脇に白いところが出始め、家族の入院の時に増えた。
忙しかったこともあって「もういいか」って。20年くらい前のこと。
でも、老けて見えるな~と気になることもちょこちょこあった
子供達の結婚式のときは、やっぱり染めようか・・・と気持ちが揺れたけど、その後のことも考えて、染めなかった。
美容院では、「目だつのは前髪だけなんで、おしゃれ染めみたいですよ~」とか言われて、妙に自信をつけたり。。。。

現在は、白髪が増えて前頭部は流行の、<グレーヘヤー>(言いようがあるもんやわ~)。その割に後ろは少ない目。
真っ白にも憧れるけど、それはそれで難しいらしい。
「グレーヘヤー」がファッション雑誌で取り上げられたり、美しい女優さんがテレビに登場したり。
世の中の流れって、面白い~。

プールの友人、
「グレーヘヤーの元祖やね」
「いいね~。私も染めるのやめようかと思うけど、ここまで進んだら途中経過がねぇ~~」と嘆いてた。

この<グレーヘヤー>
手入れを怠ると、みすぼらしくなる。
ショートヘヤーなので、けっこうまめにカットに通っている。
背筋伸ばしてさっそうと歩かんとあかんなあ~。。。。


category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

24年 

 

   DSC_0128_SYMMETRY.jpg

1月17日
24年が過ぎました。
あの時刻に転げ落ちて壊れた我が家の時計。
また壁にかけたけれど、目に止めることも少なくなってしまいました・・・・・・

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

乾燥中 

 

毎年、シーズンに1回くらい購入していた干し芋。
子供のころは、火鉢であぶって食べたなあ・・・・。

家庭でも作れるって?・・・・ある方のブログで知って、私も作ってみることにしました。
ただいま乾燥中。
3日ほど天日に干せば、頃合いの物ができるとか。
風も吹いて環境は申し分ないはず。
うまく出来るかな?
おいしく出来たら、孫にたべさせてやろ~。
DSC_0124[1] DSC_0125[1]


こちらはローリエ、乾燥し終わりました。
年末に庭木を剪定したとき、きれいな葉をつるしていて。
いい匂い~!
DSC_0126.jpg

こうして保存しておけば当分間に合う。
娘宅、息子宅にも届けました。
DSC_0123[1]

category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

追肥 

 

ずっと気になっていたタマネギの追肥がやっとできました。
種まきをして育てたOK黄と、ホームセンターで買足した苗、どちらもまあまあの状態です。

手作りの有機肥料を埋め込みました。
雀に掘り返されないように、ネットで覆って仕上げ。
追肥は、3月中旬まであと何回かすれば良いはずです。

DSC_0118.jpg


こちらは小松菜。

DSC_0117.jpg
別のところには、種まきしたものも育っているのですが、こちらは、元はと言えばスーパーで買ってきた根付きの小松菜。
その根っこの部分を土にうめこんだものです。ちゃんと大きくなってくれます。コツは小さい葉っぱ1枚ほどを残して植え付けることかな。
その状態で置いておくと結構葉っぱが育ちます。
大きくなったらまた、小さい葉を1~2枚残し、大きな葉を切り取って使います。
けなげというか・・・それくリ返し、何度もありがたく頂戴しております。

そして大根
種まきの時期が遅いのか、間引き足らないのか・・・大根は小さいです。
葉っぱを食べるつもりでまだおいてあります。
春先、大根の花が咲く前に食べ尽くすつもりです。

DSC_0122.jpg

菜園、
後は水菜、菊菜、ニラとか・・・・

category: 家庭菜園

tb: --   cm: 2

△top

合唱団関連 

 

木曜日、初練習でした。
練習は夜。
バイクでの出席は、正直、ためらってしまうけど、バス・電車を乗り継ぐと何倍も時間がかかってしまう。バイクなら10分ぐらい。
厳重に身をくるんでエイヤッ!と出発。

久しぶりの練習なので発声練習は念入りでした。
(声が・・・・う~ん、安定しない。)
そのあと、年末から取りかかっていた混声四部合唱のモルダウを少し練習しました。やっぱり大曲です。

続いて、新曲の「少年時代」。井上陽水のあの曲です。
とりあえず、ユニゾンの部分だけを歌いました。

残りの合唱部分は、また今度。
めいめいで音源を元に音取りをし、その後、練習で音の確認をしながら歌っていくことになります。

音源作成担当の私、作成がなんとか間に合って良かったです。
二部合唱の高音部をソプラノ・テナー、低音部をアルト・バスで歌うように作りました。
楽譜さえきちんと出来ていれば、編集はソフトがやってくれます。
出来た音源をMP3にし、USBとICレコーダーに入れて配布。
このソフトのボーカル機能、女性の声質はまあまあなのですが、男声の声質がいまいち。もう少しなんとかならないかやってみるのですが、どうもねぇ~。
でも、音程・リズム等は非常に正確。合唱にするとピッチも縦の線も見事に合うのでけっこうきれいです。
音取り用には十分間に合うようです。
音源をICレコーダーに入れて、お風呂で聴く・車で録音を聞きながら走る・・・・。
皆さん使い方はいろいろですが、初めて合わせた曲でも、それなりに合唱になるところが凄い。

音源作成担当の私も、作って終わり、ではなく、ちゃんと歌えるようにしておかなくては・・・(^_^;)




category: 混声合唱団

tb: --   cm: 0

△top

フルート関連、二つ 

 

<フィリップ・ベルノルド フルートリサイタル>    1月9日  常翔ホール

 P.タファネル/アンダンテ・パストラールとスケルツェッティーノ
 C.ドビュッシー/アラベスク 第1番
 O.メシアン/黒つぐみ
 C.ドビュッシー/月の光
 P.サンカン/ソナチネ
 G.エネスコ/カンタービレとプレスト
 C.ドビュッシー/シリンクス
 G.フォーレ/ファンタジー 作品79
 C.ドビュッシー/「子供の領分」より第6曲「ゴリウォーグのケークウォーク」
 H.ディティーユ/ソナチネ

アンコール
 フォーレ/ゆりかご     夢のあとに
 プーランク/ 愛の小径

今回のコンサートは、先生の紹介でした。
フルーティストはもったいないほど十分、曲目も好きな曲ばかり・・・
国立パリ高等音楽院での卒業試験課題曲を集めたコンサートでした。
どの曲も大好きで、ほとんど楽譜は持っています。けど、飾ってあるだけです。
いたずらでちょっと吹いてみたりする程度。。。。
私のレベルではとても手が出せない曲がほとんどです。

低音へ高音へ、どこまでもまろやかな音。
隅々まで歌い尽くされた演奏。
最後のアンコールまで、聴き応えのあるおしゃれな曲ばかり。

私にとって大切なフルートの幕開けにふさわしいコンサートを堪能させてもらいました。

夜遅く帰宅後は、煮込んでおいたビーフシチューとワインで乾杯。
えっ、なんでワインで乾杯?って感じですが・・・ま、今年も頑張るぞっ、というところですかね。(苦笑)


次の日は、フルートの初レッスン。

体をほぐし、お腹を十分に使って音だし。
それから、いつもの通り、エチュードと曲。

お休みの間に忘れそうになっていた感覚を呼び戻すレッスンでした。
発表会の曲は、例によって先生に操られ、手応えのある音色(当社比)も見えてきました。
でも、指が回らないところ、怪しいところ、テンポ、エネルギーの持続・・・・とまだまだ修正点が多いです。

次のレッスンは、2週間後。
どこまでやれるかな?

category: フルート

tb: --   cm: 2

△top

初泳ぎ 

 

今年初めてのスイミング。
気持ちよく泳ぎたかったのに、滑り出しからモタモタしてしまって。。。。

昨年末は、けっこう休んだ。風邪気味だったり、ボランティア演奏にでかけたり、コンサートを聴きに行ったり・・・結局、この日は3週間ぶりの水泳だった。
おまけにお正月はしっかり食べて、よく飲んだ
歩き始めたのも、三が日が過ぎてから。
体が重く感じられるのは当然の結果。

なんとか調子を取り戻したのはもう、レッスンが終わるころ。

この日のコーチのメニューは、結局、初泳ぎということで少ない目の総距離1000m。
息を切らしながらなんとか泳いだ。
一人ならとても泳げなかった。
みんなが泳ぐから・・・一人休んでいるわけにはいかなくて、コーチの合図で壁を蹴っただけ・・・いや、オ・ソ・マ・ツ!!

それでも、泳ぎ終わった後の気分はすっきり。
次回、もう少しマシに泳げるやろか?












category: スイミング

tb: --   cm: 0

△top

恒例の・・・その2。作戦会議 

 

DSC_0115.jpg
2018年の家計の総決算をした。

家計簿は、結婚以来ずっとつけているのだがパソコンでも記録し始めたのは15年くらい前から。プールの先輩にエクセルでの家計簿の作り方を教わってからだ。

今はパソコンと手書きの二本立て。
計算はエクセルに任せ、手書きの家計簿には日々のちょっとした記録も併せて書き留めている。

今朝、プリントアウトした<2018年の家計集計表>と<現在の財政状況の一覧>を並べて二人でじっくり検討した。
もうすでにお財布の口は十分に締めていて、今更・・・・の感もあるのだけれど、財政を預かるばあさんだけでなく連れ合いも一緒にみるというところがポイント!
例年、お正月早々に、過ぎた1年のお金の出入りを振り返り、今後を考える機会を持つようにしている。

いくら紙面を眺めても今更、収入額が増えることはないし、状況は変わらないけど、現実を把握して見通しを立てて置くことはやっぱり大切だと思う。

連れ合いが入れてくれた珈琲がいつもより苦く感じるのは気のせい?



category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

恒例の・・・その1 

 

二日、故郷へ、墓参りに行ってきました。
高速で2時間ほど。道路は結構空いていました。

周りのほとんどの墓には既に新しい花が立てられていて・・・
さっそくいつものように、ビニール手袋をはめて墓の周辺の大掃除からスタート。
この日は時々にわか雨が降っていました。
具合の悪いことに、張り出した寺の屋根の樋が壊れていて・・・・雨水がポタポタ・・・・。
それでも、濡れた落ち葉をビニール袋いっぱいになるほど集めて作業はなんとか終了。
花とお線香を立て、手を合わせてきました。
次、お参りが出来るのは春のお彼岸。
墓地が遠いので仕方がないです。

三日、この日は家から高速を南へ、義母の施設に行きました。
義母は98歳。
誰かわからんかったようや・・・
毎週訪問している夫がそう言うこともあるのだけれど、この日は調子が良かったようで、私たちが誰かなんとかわかったようです。
「食べる物がおいしい~」と義母。元気そうに見えました。
また来るからね~。

新年の仕事は無事終了。。。。やれやれです。







category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

新年のご挨拶 

 

ボランティア演奏で訪問した施設で、干支のイノシシの押し絵をいただきました。
 
DSC_0108.jpg  
              


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨夜は、できあがったお節をちょっとずつ味見しながら年を越しました。
こんな時のお供はもちろん日本酒。
「いろいろあったけど、無事一年を終わることが出来て良かったね~」
「そうやなぁ~。」

いろいろ・・・
義母のこと。施設にお世話になっているけど、なかなか大変です。
娘一家、息子一家。今はまだこちらが手助けをしてやることが多いです。でも、頼まれごとに応じて動き回れる体力があるのはありがたいこと。じいちゃんもばあちゃんも、まだまだ頑張るからね。
ご近所のこと。お手伝い出来ることはしてあげたい。みんながたどる道、順番だもんね。
それと、家の中ではさざ波がたつことも・・・苦笑
(「妻のとりせつ」という本が出版されているそうです。図書館の貸し出し、予約待ち


フルート・・・新しい先生の元での二回目の発表会。今回は出来るだけの準備をして望みたいと思っています。アンサンブルももちろん。じいちゃん、応援お願いしま~す。
プール・・・あれこれやりたいことを実現するにはまず、体力の維持が重要。できるだけ休まないで泳ぎ続けたいです。
合唱団・・・上達の可能性、まだあるかも。。。
菜園・・・腰が痛くなるけど、力仕事は連れ合い、世話はばあちゃん。分担して楽しめたらうれしい~。

今夜はみんなでカニパーティー。
さ、準備しよっ!





category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

孫4人とお出かけ 

 

昨日は、孫4人をつれて四国まで遠出。
目的地は、孫達の希望で瀬戸内海を望む海岸線にある魚料理の店。
じいちゃん・ばあちゃんが娘や息子と行っていたころは、ごく庶民的な作りの気軽にいける食堂だったのに、いつの間にか店がきれいになり、行列が出来る店に変わったのです。


小五、小三の孫達のお目当てはお刺身とわかめ汁。
3歳の4号ちゃんはこの日がデビュー。

朝九時半、雪がちらつく中を出発。
この日のために、いつもは2列シートの車を3列にし、チャイルドシート・ジュニアシートをのせていました。
高速を走り、明石海峡大橋→淡路島→鳴門海峡大橋を経て12時過ぎにお店に到着。
幸いなことに、二組待つだけで席に案内してもらえました。

1号ちゃん・2号クン・3号クンは迷わず鯛のお刺身定食を注文。せっかくなので天然鯛のを頼んでやりました。
4号ちゃんは焼き魚、我々は、みながつつけるようにと、小鉢やら焼き物やらハマチ・マグロのお刺身など・・・・を注文。
テーブルはお皿でいっぱい!
それを黙々と平らげて、完食!
ご飯の鉢は、子供を交えて6人だから五つで十分だと思っていたのに、もう少し食べたい~とお代わりの注文がでたりして・・・。
じいちゃん・ばあちゃんも結構食べたはずなんだけど・・・・・

仕事中の娘夫婦・息子夫婦には家族の<ライン>で、完食したお皿が並んだテーブルの写真を送っておきました。。。。
一緒に行きたがっていた娘夫婦・息子夫婦へのお土産は鳴門わかめ。せめていい香りだけでも・・・・


category: 日々のこと

tb: --   cm: 0

△top

第九 

 

DSC_0106.jpg


第九を聴いてきました。今年最後のコンサートです。

第1部 100人の第九
オペレッタ「こうもり」序曲
交響曲 第九番「合唱付き」

第2部 テレマンのクリスマス名曲集
三つのトランペットとティンパニのための協奏曲*テレマン
クリスマス協奏曲よりパストラーレ*コレルリ
協奏曲「四季」より秋*ヴィヴァルディ
サンタルチア・オーソレミオ・カタリカタリ*カンツオーネ集
リュートのための古風な舞曲とアリアよりシチリアーナ*レスピーギ
カンタータ147番*バッハ
ハレルヤコーラス:ヘンデル
もろびとこぞりて・神のみこは今宵しも*クリスマスキャロル

最後は全員合唱で「聖夜」

私にとっては、年末恒例のイベントです。
第1部はもちろん、第2部で今年はどんな曲を聴かせてもらえるか・・・・楽しみにしていました。

今年アルトのソリストは久しぶりに渡辺さんでした。満足~。
四季、今年は「秋」。昨年は[冬」だったか・・・

カンツォーネ集
テノールの柔らかい響きが抜群。第九のソロよりお似合い・・・とか勝手に思ってしまいましたけど。
リュート。ソロが聴けるのはこの機会くらいです。


ステージのセッティングの合間の延原さんと司会のABCアナウンサーさんとの掛け合いは面白いのですが、延原さんの声がどうも聞き取りにくい。ちょっと残念でした。

コンサートはマチネで、終演は4時過ぎ。
梅田はクリスマスイブで大混雑。
人混みはやっぱり疲れます。さっさと引き上げました。

category: 音楽のこと

tb: --   cm: 0

△top

今年最後のレッスン 

 

ケーラー:ロマティックエチュードNo13
DSC_0105.jpg


アルペジオの吹き方を修正して、二回目。
今度は先生の指揮で?最後までほとんどミスなく終わった。
先生の、声がけと身振り手振りにみごとに<操られ>た?
1回目よりはテンポアップしていたにもかかわらずうまくいった。
「いい音でしたね~。すばらしいっ!」
うまく出来たときは、こっちが恥ずかしくなるくらい褒めちぎってくださる。
のせられると、自宅での練習以上の吹き方が出来たりするから不思議。

次回はNo14「ダブルタンギング」tu ku tu kuの練習
DSC_0104 (1)

tu、ku、の音価が同じになるように。私のはtuよりもkuが弱くなっているらしい。
ku・ku・ku・kuの練習が加わった。

レッスンでの追加の部分練習はシールに書いて貼ってくださる。
また、特に大切な注意点は鉛筆で書き込んでくださる。
私も、ポイントを書き込んだりする。
必要がなくなったら、取り外したり、消したりすると良いのだそうだ。

そういえば前の先生、書き込みはボールペンだったな~。


その後、カプレに移った。
「小さなワルツ」の方は大分慣れてきたし、「夢」も最後まで通った。
1月からもう少し細かく見てくださるそうだ。
<操られ>ても、それにちゃんとついて行けるように、吹き込んでおきたい。

アンサンブルの本番、そして最後のレッスンが終わった。
これからは年末モード!

category: フルート

tb: --   cm: 0

△top