FC2ブログ

七五三参り

4号ちゃんの七五三、行ってきました。

00080001.jpg


着物着せてもらって、草履履いて・・・・4合ちゃん、テンション上がってました。
3歳でも十分わかるんですね~。
行き帰りはもちろん車。
歩きにくいだろうと、いつも履いている靴も持って行ったけれど、結局ずっと草履を履いていました。
草履についている鈴の音が気にいったみたいでした。

こうして、孫達、どんどん大きくなっていきます。

あんまり自覚はないけれど、私たち、どんどん年老いていくんですね~。(苦笑)



分相応か?

先日、友人達が所属するフルートアンサンブルの演奏会を聴きに行きました。

レベルごとに分かれた3つのグループの演奏と、合同演奏を聴きました。

さすがに上級グループの演奏は聴かせてくれます。
アルトフルートにバスフルートまで加わったアンサンブルは厚みがありました。
チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」・・・・いい響き・・・・。

中級のグループで出演していた友人
「下手やから・・・、他の人の音が聞こえにくくて・・・・」
と反省の弁を口にしていました。
「楽しく演奏できたら十分やん。それに響きがとっても良かったし・・・」と私。

会場は、とても良いホールでした。
プロのリサイタルでよく使われるホールです。
友人達の、指導者の話によると、聴き手にとっては美しく響くホールですが、演奏者は音が聴きにくいのだとか。。。。
そんなこともあるんだな~と思いました。でも、兎に角うらやましかったです。

私が所属するフルートアンサンブルの11月のミニコンサートの会場とは、まるで比べものになりません。
そこは、イベントのための部屋ではないのです。
まあ、費用をかけずにやろうとしているのだから仕方がないんですけどね。

かっこつけて言えば<手作りコンサート>とか・・・・
会場の準備、もちろん演奏の準備も、頑張らねば。。。

合唱団のイベント終了。

合唱団のイベント出演が無事終了しました。

昨年よりも、人数が増加。
パート別に見ると、ソプラノ2人、テナー1人、バス1人、アルト1人。
少しずつの増加ですが、何しろ元の人数が少ない。
10人が15人になったのは大きいです。

<間違ってもいい、大きな声で今まで練習してきたことを精一杯だす。>
<何より楽しんで歌う。>

いつも指導者から言われている、本番の目標は十分に達成出来たと思います。
昨日、主催者が録音してくれたCDを聞いてさらにそう思いました。

まだ、荒削りではあるけれど、楽しんで歌っていることは観客の皆さんにも伝わったのではないかと思います。

次の一歩へ。
またスタートです。♫

レッスン

*ケーラー:ロマティックエチュードNO12・・・○
 次の課題、NO13の練習方法を教わりました。
13にはトリルがたくさん出てきます。
ニ長調のトリルを入れた音階と、トリル・後打音を入れた音階を練習するよう言われました。
指が勝手に動くようになるまで~

*<SONATA ;L・VINCI>・・・・まあまあ

*「夢と小さなワルツ」;カプレ
「ワルツ」の前半部分のみ・・・・まあまあ

この日のレッスン、総じて進歩の跡(ほんの少しですけどね)が見られたと、評価してもらえました。

必死で練習したおかげでしょうかね。

ブログの日記に書いたとおり、先日の、日曜日のアンサンブルの練習はさんざんでした。
それから数日、練習を、意地になってやった感があります。(エエ歳してねえ~。)
でも、レッスンが比較的うまくいったのはそのおかげかもしれません・・・。
<必死のパッチ>ってね。


近頃の4号ちゃん

この春から幼稚園に通い始めた4号ちゃん。
5月の連休頃までは、毎日大泣きしながら、保育室に入っていたそうです。
年少組で毎朝泣く子の、<最後の3人>のうちの一人だったのだとか。
3月下旬の生まれ、何もかもが幼児そのものでした。

最近は、幼稚園が楽しくて仕方がないのだとか・・・。
いろんなことを覚えて帰ってきます。
中でも、言葉の発達がめざましい~。

女の子だけれど、4号ちゃんの一人称は、「ボク」・・・園では男の子とのお付き合いが多いみたいです。
でも、「おまたせ~」「いらっしゃいませ~」と、女の子の言葉も、ちゃ~んと使えます。

この間は、じいちゃん・ばあちゃんに声をかけるのに、「あのさ~」を連発。
ばあちゃんも、思わずお嫁さんに「あのさ~」と、声かけしてしまって苦笑・・・・。

昨夜は、レゴの電車にすっかりはまっていました。
かつて、今は三年生の2号クン・3号クンがせっせと遊んだ電車と線路のセットです。
「廊下の端まで線路をつなげて電車を走らせる~」と張り切ったのはじいちゃん、せっせと買い足して段ボール箱にいっぱいありました。
その線路、今まで、見向きもしなかった4号ちゃんが、突然「あそぶ~」って言いだして。

高いところから段ボール箱を下ろしてやりました。

長くつなげることは出来てもカーブした線路も使ってぐるりと1周できるようにつなげるのはさすがに難しいようです。
ばあちゃんが手伝って出来た線路に電車をのせて、「スタート!!」
4号ちゃん、電車と一緒に部屋の中を駆け回っていました。

今度来たら、踏切とか、交差する線路とかも使って、駅も組み立てて・・・・・お客さんも乗せて・・・・。
また、楽しくなりそうです~。




フルートアンサンブル

11月のミニコンサートに向けての最後の練習日だった。

12時半から14時まで小アンサンブルの練習
曲は、バッハ「管弦楽組曲第2番」からロンド・サラバンド・ブーレ・メヌエットをカルテットで。
すでに何度か練習を重ねてはいるけれど、なかなかすっきりしてこない。
譜面を見て、それぞれのパートはさほど難しくなさそう、聴いたことがあって取り組みやすそう~とあっさり決めたのが間違いだったかも。
バロックと言うものがよくわかっていなかった・・・私も個人レッスンでごく初歩を習い始めたばかり・・・(^_^;)
それに、どの楽章も各パートがぞれぞれ動くので、一歩間違えるとごちゃごちゃしてしまう・・・・。
なかなか仕上がっていかない。いつもこれでいいんかな~って疑問符だらけで。

けど今更、後に引けない。
「自分たちなりに仕上げることが出来たらええんちゃう?」でゆる~く一致。
けど、ほんまに大丈夫かなぁ~?



その後、全体練習

ラ・クンパルシータ;ロドリゲス
王宮の花火の音楽;ヘンデル
メモリー;ウエーバー・(先生の編曲)
アンダンテ・カンタビーレ;チャイコフスキー
子守唄メドレー;先生の編曲

今回、ばあさんは、アルトフルートも吹く。
「アンダンテ・カンタビーレ」から練習スタート。続けて「子守唄メドレー」
アルトフルートのできはまあまあ。

休憩の後「メモリー」、これは1st
前回、出来ていたつもりだったのに苦戦してしまった。
「1st」と名指しで直された。1stは3人。けど、(あ、わたしのことや!)思い当たる節があった。いい音で吹けなかったし、ミスもした。
アルトフルートから普通のフルートの持ち替えがうまく対応出来ていないのもその原因の一つ。
アンブシャの微妙な感覚に狂いがでて合わせられなくなる。
本番までに<持ち替えること>を集中的にやっておかなければ

練習終了後、事務的な打ち合わせをし解散。

帰宅は19時前。
夜は鍋。
準備が終わったころに連れ合いも帰宅。
食べるのに時間はかかるけど、支度が簡単なのは助かる。
久しぶりにお湯割りのお代わりをしてしまった。。。

盛りだくさんな演奏会

テレマン55周年音楽祭
      ~中之島をウィーンに!~                      

    DSC_0069.jpg

中之島の中央公会堂を借り切って開かれた音楽祭に行ってきました。

最初は、北山 隆さん指揮による、<リコーダーオーケストラによる演奏>
会場は、大集会室
DSC_0050.jpg


<フォルテピアノリサイタル;高田泰治さん>  
特別室に椅子が30脚ほど並べられ、ちょっとした貴族気分で贅沢に聴かせてもらいました。
もっとも、聴衆が多く、ほとんどの方は立ち見、ちょっと申し訳なかったです。
 モーツアルト:きらきら星変奏曲
         :幻想曲 KV397  
 ハイドン:ソナタ ト長調
 モーツアルト:ソナタ 第9番 ニ長調

調律中でしたが、失礼して・・・・DSC_0059.jpg



そして、メイン公演
<ハイドン;オラトリオ「四季」>=中集会室
DSC_0061.jpg
指揮 延原武治
中村朋子 新井俊稀 篠部信宏
テレマン室内オーケストラ
テレマン室内合唱団

中村朋子さんの歌声、やっぱり素敵でした。
しっとりと深い響きが心地よくて。

座れたのはフラットな集会室の端。
演奏中のオケの方々はほとんど見えなかったし、合唱団も半分位しか見えなくて。
演奏者の息づかいを目で確かめながら聴けたら良かったなと少し思いましたが、満足のいく演奏会でした。


レッスンでした

*ケーラー:ロマティックエチュードNo12
「全体的に省エネで吹いてますね」って言われてしまいました。
自分ではエネルギー全開で吹いているつもりだったんですけどね。

いくつも出てくるシンコペーションのところは、マルカート、そして早いヴィブラートをかけて躍動感を出す・・・・とか。
スケールのところは、クレッシェンドかつテンポアップでそれを繰り返す・・・・
先生がおっしゃるとおりに吹いてみました。
確かに、省エネだったわ~。
全体を通してみると、少しも休んでいる間がないです。

「音色感を大切に」・・・・
「これをやって、持久力をつけましょう」って。


*<SONATA ;L・VINCI> 
 全楽章を通しました。
あちこちでぼろぼろと・・・
最後は音が上ずってしまいました。

今後はSONATAをやりつつ、発表会で吹く曲「夢と小さなワルツ」を練習。
安定して吹き通せる体力をつけていくのだそうです。

「夢と小さなワルツ」:カプレ
「夢」は少しみていました。こちらは♯1個。
レッスンは「ワルツ」からやるのだとか・・・・こちらは♭五個

習い始めて1年と少し。
いつも前回のレッスンでは、どこまで出来ていて何が出来ていなかったかをきっちりシビアに捉えてくださっています。
そして、少しでも良くなったところがあれば惜しみなく褒めてくださいます。
ばあさんに何が足りないか、どんな力が1番不足しているか、的確に見通しレッスンを考えてくださっている・・・・シミジミ・・・ほんとうにありがたいです。

応えなければ

おじいさんは細工仕事へ、おばあさんはパソコンへ。

これが最近の我が家です。

ばあちゃんは、以前から何度か日記にアップしている<音源作成ソフト>を使って、合唱団の既習曲の音源作成作業に取り組んでいます。
春の五周年記念演奏会のあと、ありがたいことにメンバーが少しずつだけど増え続けていて、その都度、既習曲の楽譜をお渡ししています。既習曲すべてを歌うわけではないけれど、大切にしている曲も多数。
音源を作っておけば、多少は参考にしていただけるかと・・・。

今までに仕上がった音源は約30数曲。パソコンからUSBタイプとCDタイプの2種類に落としました。
歌った曲は、古びた楽譜もあるので、スキャナーで取り込む作業はなかなかうまくいきません。かなり手作業で打ち込み直しました。
ピアノ伴奏も音がけっこう複雑だったりします。
これは結構面倒な作業なのだけれど、面白いのです。
自分で打ち込んだ音符が伴奏付きで合唱になる・・・・たまらない瞬間!(いや、ちょっとおおげさですかね~)
正直、家事を手抜きしてでもやりたいくらい・・・

合間に、これから歌いたい曲や、フルートの曲の音源もいくつか作ってみました。


じいちゃんは、今はマリンバを組み立て中。
孫の2号クンと3号クンが秋の音楽会でマリンバを叩くことになった・・・小学校の運動会の日に娘から聞きました。
希望者が募られて、手を上げ、くじ引きして決まったそうです。二人ともです。その話を聞いたときこりゃ大変だ~!と思いました。
「ピアノ習ってないのに。。。。練習させたいけど、木琴もない。。。。。と、娘。
マリンバ!
鍵盤のみだけど、なぜか家にありました。
帰宅して物入れを物色、鍵盤をくるっとまいたものが見つかりました。ピアノでいう黒鍵部分もべつにありました。
けど、台も下のパイプもありません。
さっそく広げて、たたいてみたけど、楽器の音にはなっていません。
鍵盤が直に板に乗っているだけでは全く響かないのです。

それからじいちゃんの<仕事>が始まりました。
まず、立奏出来るように台を制作。
それから鍵盤が浮くように板で細工。
それでも、いい響きが出ない・・・・
鍵盤をつないでいる紐?の部分を一つずつ曲げたワイヤで固定し、鍵盤全体を浮かせる。
そのワイヤも一つずつ手作りです。
鍵盤は4オクターブありました。

凝り性のじいちゃんは日夜、作業に没頭。
(二人が、使っても使わなくてもどちらでもいい、とにかくきちんと鳴らせるように仕上げたい。。。。)とか。

そして、昨夜、真夜中にやっと仕上がりました。

朝、ばあちゃんも叩いてみたけど、まあまあの音です。
練習には十分に使えそうです。

学校から帰った2号クン・3号クンが今日4時過ぎにやってくることになっています。
学校では音楽の時間に本物のマリンバで練習しているみたいです。
でも、うまく出来ているのかどうか、様子はわかっていません。

じいちゃんの苦心作を二人は気に入って使ってくれるでしょうか?

(二人が使わんでも、まだ年少組の4号ちゃんがいる。4号ちゃんが、つこてくれるかもわからへんし・・・)
(とりあえず一仕事終えた~)

役に立つ?使わん?
なんとも、微妙な感じになってきました。
ばあちゃんちで練習しなくても、しっかりたたけているなら、まあ、言うことはないんですけどね。

もうすぐ4時です。
端で見ていたばあちゃんですが、なんだか落ち着かない気分になってきました。

水曜日・木曜日

水曜日
延び延びになっていた孫達の小学校の運動会がありました。
朝から、久しぶりの晴天。
ピカピカの太陽の下での運動会・・・
親たちは汗だくになったけど、児童席にはテントがいくつも並べられていて、子供達は全員がテントの中!
日陰には爽やかな風が吹いていて心地よかったです。

五年生の1号ちゃんは、スポーツ大好き。
カッコ良かったし、児童会の係とかで、いそがしそう~。キリッと頼もしいお姉さんぶりを発揮していました。
三年生の2号クン・3号クン、走る姿のバランスが良くなっていました。演技も一生懸命さが伝わって、ばあちゃんは少々うるっと・・・・。(苦笑)
いい運動会でした~。


木曜日
朝からフルートのレッスンでした。
家を出るには出たけれど、前日の疲れがじわ~っと。
予定ではフルートの後は、スイミングレッスン。
無理かと思いつつ、一応水着も持って出かけました。


*ケーラー:ロマティックエチュードNo11
 ○をもらいました。

*<SONATA *L・VINCI> 4・5楽章
 前回のレッスンより良くなっているって・・・。
 次回は全楽章を通して仕上げるそうです。

それから、来年のフルートパーティで吹く曲を決めました。
フルートパーティ、あ、発表会なんですけどね。

「夢と小さなワルツ」:カプレ

譜読みが遅いし、覚えるくらい吹かないと人前ではとても吹けないから、早い目に取りかかりたいとお願いしていて、前回のレッスンで先生からどうかと勧められていました。
youtubeで聴いてみたけど、なかなかおしゃれな曲です。
今まで吹いたことがない雰囲気の曲・・・・難しそう・・・・・です。

でも、先生に教わったら、なんとかやっていけそうな気もしています。

以前、同じ先生についている友人が、
「先生が、なんとか仕上げられるように持っていってくれはるよ~」って言ってました。

それ、間違いないと思います。
レッスン前と終わった後で、全く違う曲に仕上がったと思うことが何度もありました。
この日のレッスンでもそうでした。
おまけに、出かける前はヘトヘトだったのに、レッスンが終わるころには元気回復!
気分よく帰れるのです。

この日もパワーをもらって、行ってきました

1350m

スイミング。
25×8(チョイス)
50(1分40秒)×2・100(3分)×1を3セット
25×1(イージー)
25(40秒)×2・50(1分40秒)×1を4セット
25×1(イージー)
25×4(チョイス)

合計1350m

きつかった~
前回、フルートアンサンブルの練習日変更で、プールを休んだ。(1回抜けるとその次のレッスンに影響が出てしまう)
おまけに、コースの先頭を任された。

コースの先頭を泳ぐのは結構大変。
水の流れが無いところを泳ぐことになるし、何本も連続で泳ぐときは逆の水流の中を泳ぐことになる。細かいことだけど微妙に影響する感じがある。
それに頭も使う。コーチがスタートの合図をだしてくれるのだけど、距離、本数と持ちタイムは自分でも考えながら泳ぐ。二番目なら、前の人がするとおりについていけばよいので、頭は使わなくて済むのだ。
<プールサイドの計時を40でスタートしたから、1分40秒持ちなら次のスタートは20・・・・>とか、泳ぎながら考える。息が上がり始めると正直泳ぐだけで精一杯・・・・・。
水温も高かった。ハアハア言いながらメニューをなんとか指示通り終わった。

一息ついてシャワールームでおしゃべりしながら髪を洗った。
「昨日のテレビ、感動したわ~」とかしゃべりながら。
樹木希林さんの特集番組をみんな見ていた。。。。知らなかった一面がいくらでも出てくるし、言葉のひとつ一つが深いな~って・・・・。
きついメニューをこなした後の、ささやかだけど、満足感やら達成感やらさっぱり感がやっぱりいい!これが味わいたくて、メニューはとばさないで泳ぐ。

次は月曜日。

フルートアンサンブル練習

月1の練習日でした。
11月のアンサンブルミニコンサートン向けて、まずは、小アンサンブルの練習から。
その後、全体練習。

ラ・クンパルシータ
王宮の花火
メモリー
アンダンテ・カンタビーレ

本番まで練習はこの日を含めて二回、演奏予定の五曲を全部やる予定でしたが、時間切れ。
練習時間は2時間。
指揮者には、気になるところが多すぎたみたいです。我々の実力はこんなもんです~

メモリーは先生の編曲。
お若い男の先生ですが、見かけに似合わず(オッと失礼~)繊細で細やかな美しさにあふれた曲を書いてくださいました。
最後に通したときは結構いい感じで。。。。
「次回やるときもこれ位のできばえだと言うことは無いんですけど、また1からやりなおし・・・・・にならないように」って。
あ、そうですよね。ごもっとも、ごもっとも

帰りがちょっと遅くなったけど、帰宅はゆうゆうと・・・。
夜の食事当番は連れ合い。帰ってから食事用意をせずにすむと思うと、ずいぶん気楽。
ありがと~、

がんばるよっ!

フルートレッスンだった。

初めは音だし。
続いてケーラー:ロマンティック エチュード No11

前回は、9月7日で、No11を見てもらうのは二回目。
題名?に「タンタラスの苦悩」とある。
ただいま悪戦苦闘中。
<苦悩>の連続で、あまりにもぴったりで笑ってしまう。

4分の4 Allegro FdurとDmoll 16分音符ばっかり、休符もない。
とてもじゃないけど楽譜通りには吹けないので、テンポを落とし、一小節ブレスで良いことにしてもらった。

この日、いつもなら前で聞いてくださる先生が、後ろに回られた。
姿勢?楽器の構え方?指?
何を見てくださっているのかな?そう思いながら、もたもたと吹いて吹き終わった。

「頑張りましたね~」って。(必ず、どこかを褒めてくださる)
「中音、特にド♯、で楽器が安定しない。そこからあとの音が浮いてしまう。マイナーのド♯は特に深い落ち着いた音色がほしいけれど、逃げた音になって上ずり、立て直せないまま続いてしまう・・・・・・・」

演奏の音色が保てない大きな理由がそこにある。レ→ド♯のポジションがきちんと保てるようになると、安定するので、どの曲でももっと良い音のまま最後まで吹けるようになるはず・・・・、最初の音だしでは良い音が出ていると言ってもらえることも多いのに・・・

替え指、息のもっていき方、指の使い方・・・・とか教わりながら、No11を最後までゆっくり丁寧に吹き直した。
「そう、それでいいんです~」って。

今まで自分でもずっと気になっていたところだった。
最初無難にスタートしても、途中で楽器がよくぐらついた。
特に発表会とか緊張する場面ではかならずといってよいほどの頻度で起こっていて、そのまま立て直せないことがけっこうあった。
ゆっくりした曲ならなんとかできたけど、テンポが速い曲、カデンツとかが苦手だった。
緊張するタイプだから、仕方が無いんだと思っていた。場数を踏んだら慣れるとか。
緊張も一つの原因なのは間違いない。
けど、この日教わったことが出来るようになれば安定感が増すような気がする。

今日も、教わったとおりに練習してみた。
楽器の安定感はバッチリ。そして音色もわるくない~~~。
しんどいけど頑張ってつづけてみよう!
「タンタラスの苦悩」を練習して、<苦悩>から抜け出す!・・・・やるよっ!




 

久しぶりのすき焼き♡

一か月ほど前、連れ合いが血液検査の結果をもらってきた。
ありがたいことに、問題なし!という結果~。
食生活の管理を任されている妻としては喜ばしいことなのだが、ただ一点「肉を食べなさい」と言われたそうで・・・
やむにやまれぬ事情で、我が家の食卓に牛肉はあまり登場しない。
同じ肉でも、豚肉か鶏肉なら食べているんだけどね~。
肉じゃがは、牛肉では無くて豚肉だったり・・・・。
年金生活に入ってからますますその傾向が強くなっている。

牛肉が登場するのは、ほとんどが子供達とのイベントの日。
焼き肉、ステーキ、すき焼きとか・・・。
すき焼きをしたのはいつだったか忘れたが、それもすき焼き鍋の世話で終わってしまって、食べた気がしなかったなぁ。

土曜日、スーパーのタイムセールチラシの商品に白ネギがあった。牛肉もセール対象。
そうだっ、夏バテ解消に、すき焼き!
我々夫婦、ここへ来て少々夏バテ気味。暑さの中、いろいろ忙しかったもんね~。

昨夜、二人で鍋を囲んだ。
ずっと涼しかったけど、昨夜は結構蒸した。
エアコンつけて、大汗かいて、フウフウ~~~。
おいしかった~。
締めはうどん。

今日はスイミングレッスン。

ボランティア演奏終了

朝からの雨は想定外でしたが、ボランティア演奏はまあ、無事終了と言っても良いでしょうかね、とりあえず終わりました。

午前中、練習。
お昼を済ませてからリハーサル、そして本番。
あまり練習すると、集中力が途切れる?
気になるところを練習して本番に望みました。

以前に比べて落ち着いて演奏できるようにはなっているのですが、お客様の様子が気になってしまうこともけっっこうあります。
この日は、病院でしたので、突発的な事態が。。。
一時迷子になってしまって・・・・
まだまだですね~。


用意した曲目が結構変化に富んでいて、楽しんでいただけたようでした
演奏する側もいろいろ勉強させてもらえるのがありがたいです。

帰宅は夕方、一日仕事でした。

フルート、アルトフルート、譜面立て、楽譜、衣装、昼食、お茶・・・・
それらを持っての移動は結構くたびれます。
アンサンブルの練習日は、車で行くことが出来るのですが、この日のマイカーは、連れ合いが仕事で使用中。
で、カートとか使えたらもう少し楽なのでしょうが、楽器をカートに入れるのは厳禁、リュックを背負って行きます。
リュックに.フルート、譜面立て、楽譜・・・・
アルトはリュックに入らないので、手に抱えて。。。
楽器が濡れないように、大きい傘ももっていきました・・・・

お疲れ~。



プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

日々の出来事、子育てが終了してから始めたフルートのこと、30年ほど続けているプールのこと、菜園、孫のこと・・・楽しんで書かせてもらっています。
どうぞ、よろしくお願いいたします~。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター